知能を伸ばし、頭の良い子に育てる大阪の幼児教室

授業内容

  • HOME »
  • 授業内容

教材

教材は狙いの因子が明確であること、そして何よりも、子供が意欲を燃やす興味深いものであることが欠かせません。できるできない(結果)ではなく、熱中すること(過程)が要です。

2歳・3歳クラス

操作性が盛り込まれた手作り教材、英才教育研究所の通信教育用の玩具、国内外の玩具も使っています。教材は豊富で同じものを繰り返しすることはありません。

FH000005220140410_111954
この段階では、教材に設定された知能因子よりも、むしろ意欲・集中力などの一般因子を主とした授業です。1クラスは1名から最大でも4名までの編成で、一つの教材をいろんな角度から知能を使ってあそびます。

年中~小3クラス

知能教育学会の知能教育教材シリーズ(各90因子 1因子2教材)

 

4歳児からは、ねらいを一つの知能因子に絞って限界に挑戦する教材で、年間80回で40因子を刺激し、教材化されている90因子を2年と数ヵ月で一巡します。シリーズの教材としては二巡分で計360点の教材に取り組むことになります。

小3・小4クラス

知能教育学会の学習能力研究班が作成した学習能力教材を使用します教科教育ではない系統で学習の転移を見通したカリキュラムです 。


授業について

週に2回各50分授業です。年間40週で学校と同じように夏休みもあります。学期ごとに評価書を作成し、ご父兄と面接し、状況をお知らせしています。

 

指導の考え方

  • 教えるよりも考えさせる工夫をする。
  • 強いるのではなく自らやりたくなる工夫をする。
  • 各自のペースでじっくり取り組ませる。急かさない。あせらせない。
  • 結果の良し悪しよりも、過程をほめる。
  • 能力に応じて限界に挑戦させる。
  • 他者と比較するのではなく、各人が昨日よりも一歩前進できたかどうかを大切にする。

電話でのお問い合わせは TEL 072-761-1223

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ギルフォード知能教育センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.